オシャレな暮らしのために家具などの情報収集

賃貸住宅のタイプ

敷金や礼金ゼロの賃貸住宅を利用することで得をできる

全国的に賃貸住宅が余っていることもあって、空室に悩むオーナーも多くなっており、その対策の一環として最近では敷金や礼金が不要なタイプの物件も見られるようになっています。 本来は賃貸住宅を借りるときには、最初の1ヶ月分の賃料に加えて、仲介業者である不動産会社などにも賃料の1ヶ月分を渡し、さらに大家にも礼金として1ヶ月分の賃料を渡します。また保険料の意味合いもある敷金も預ける必要があり、賃貸住宅に住み始めるまでに多くの出費が必要です。 そのような負担を大きく軽減してくれるのが、敷金や礼金がゼロの賃貸住宅であり、物件の中でも特にアパートや比較的小規模なマンションなどによく見られます。これらの物件ならばイニシャルコストで大きく得をすることができます。

相場は住宅のタイプによって違ってくる

一口に賃貸住宅といっても様々なタイプがあります。賃貸マンションからアパート、一戸建てまであり、メゾネットタイプのマンションといったものや、分譲賃貸マンションのようなタイプもあります。このため賃貸住宅の相場に関しても、物件自体の価値に加えてそれぞれの住宅のタイプが大きく影響していきます。 例えば賃貸マンションならば、都心の超一等地と言った立地でなければ、ファミリータイプの賃貸マンションならば賃料相場は7万円から30万円ほどがよく見られる相場です。同じ賃貸マンションでもワンルームマンションならば、賃料相場は安い所で3万5千円ほどから、高いところならば15万円程度の物件が賃料相場です。 賃貸住宅の相場はこのように住宅のタイプで大きく変わってきますし、それに加えて物件そのものの価値や立地環境なども大きく影響を与えています。